コンテナ船での働き方

こんにちは、アニキ船長です!

今回は働く船シリーズコンテナ船」について紹介するぞ。


皆さんは道路や港でカラフルなコンテナを見たことはあるかな。


コンテナは、大きさや形を統一することで、船・車・電車での

貨物輸送や積み替えがスムーズにできる画期的な箱。


貨物の追跡もしやすいことから、

アマゾンなどが進めている物流のIT化でも活躍しているぞ。


コンテナを運ぶ船をコンテナ船といい、物流効率化とコスト削減の観点から、

船の大型化や複数の会社による共同運航が進んでいる。


もしドラで話題になった、経営学者のドラッカーも

コンテナこそ、60年代以降の世界貿易拡大の立役者」と評価しているほどだ。


今回はコンテナ船の知られざる輸送の裏側と、船員の仕事内容について見ていこう!

(⬇︎動画で見られる場合はコチラ)

<目次>

 ①コンテナ船とは

 ②コンテナ船員での仕事

 ③コンテナ船の未来

1.コンテナ船とは


1950年代に、アメリカの運送業者によって近代物流史上最大の発明が行われた。

コンテナとそれを運ぶコンテナ船だ。


コンテナ発明前は、積荷を何度も出し入れする手間や交通渋滞、盗難の問題が山積みだった


しかし、同じ形の箱を用意し、それを中身ごと運ぶ方法があみ出された。

これにより、物流の効率化、コスト削減が進み、物流に革命がおこったんだ。



サイズは世界共通。

国内輸送のみならず、外国間でも船・トラック・電車の間で簡単に積み替えができるぞ。

コンテナ船には、一般貨物も運べる船があるが、特徴はなんと言っても積載量の多さだ。



セルガイド」方式と言って船内にガイドレールをひくことで、

コンテナを無駄なく何段も重ねて積むことができる。  


世界にはコンテナを2万個以上積載できる、20万トン級の船もあるぞ。

船体の側面は平なため、抵抗が少なく、平均的な船の1.5~2倍の速さで走る事が出来る。



また、輸送するコンテナには色々な種類があり、

雑貨やタイヤなどを運ぶ一般的なドライコンテナの他、液体を運ぶタンクコンテナ、温度調整が可能で、生ものを運ぶリーファコンテナなどがあるぞ。


2.コンテナ船員での仕事


コンテナ船のような巨大な船でも、乗船している船乗りは20~25人ほどだ。

船長、航海、機関などの役職が割り振られており、食事を作る司厨士もいるぞ。


それではとある内航コンテナの2等航海士の1日をみていこう。

船乗りの朝は早い。


 6:30  起床

 8:00  錨を上げ、港に入り陸のスタッフと共同で荷役を行う。

 8:30  船員は荷役中、荷役を監視を行うぞ。

 12:00  航海に向けた準備や、交代で食事取る

 15:00  荷役が終わるとすぐに出港し、次の港に着いたら、錨を下ろして就寝だ。

船によってルールが異なるが、

ゼロヨン(00:00~04:00)ヨンパー(4:00~8:00)パーゼロ(8:00~12:00)に区切り、

3交代制で業務を担当する通常のワッチと、船内で相談して操船の時間を決めて業務にあたる変則ワッチ(当直)があるぞ。


ワッチとは船がぶつからないように操船したり、機器の監視を行う当直時間のことだ。

ワッチ以外は自由時間なので昼寝をしたり、釣りや筋トレなど趣味に使うことができるぞ。


コンテナ船員の生活は荷役の状況や進み具合によって左右され、予定通り進まないことも多い。そのため、船員は臨機応変に対応していく力が求められるぞ。



3.コンテナ船の未来


続いてはコンテナ船の未来についてみて行こう。

近年、グローバル化や世界人口の増加により、国際間の物流が盛んとなり、

コンテナ船はますます注目されている


より多くの貨物を輸送できる大型コンテナ船の導入や、人件費の削減、船員の負担を

減らすため、船や港の自動化も進んいるぞ。


最新鋭の船や、開発が進んでいる船の中には、面白いアイデアがたくさん詰まっているぞ。

船体の形を工夫し、摩擦抵抗を少なくしたものや、航行中の波の影響をできるだけ下げる

塗料の開発再生可能エネルギーの活用を検討している船もあるぞ。


今後も、物流効率が高く、環境に配慮したコンテナ船の誕生が楽しみだな。


<船員の方>


①副業として、空き時間に経験や思いを記事にしてみませんか?


記事作成経験等なくても全然大丈夫です。当社で編集・徹底サポート致します。


伝えたい想いや体験、景色をお持ちの方は気軽にご連絡ください


*謝礼(1,000-1,500円/記事)も出ます




<海運会社の代表、人事の方>


当社では人が集まる魅力的な海運業界づくりに注力しております。


海運業界や会社様自体の認知度の向上や、船員としての経験がある方の


陸上職としての採用、デジタル化を通じた人財育成(育成負荷/コスト削減、定着率増)


にご興味があれば、気軽にご連絡ください




<船員に興味がある方>


Webセミナーや記事リクエスト


当社では記事作成やWebセミナーを通じて、(元・現役)船員の生活やキャリア形成方


法を聞く機会を設けております。聞いてみたい話や、転職や将来的なキャリア設計に悩


んでいる方気軽にご連絡ください

101回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示