• ITecMarin

碇/錨(いかり)の歴史と豆知識

最終更新: 7月5日

海運業界・船のことを知りたい人向けに、浅く広く船の『いかり』についてご紹介します。


目次

 1.碇の歴史

 2.碇の色々

 3.錨の事故例まとめ


1.碇の歴史

 錨(いかり)とは、船を一定の場所に留めるおもり。綱や鎖をつけて水底に落として使用する水具のことです。


 『錨自体の重さ』と『海底面との引っかかり(抵抗)』によって船の移動を制止しており、爪などが水底に刺さることで抵抗力を生むものをアンカー、それ自身の重さによって抵抗力を生むものをシンカーと呼びます。


<錨の歴史>  紀元前2500~2000年  現在確認されている中では最も古い錨は、石にロープをくくりつけただけの原始的な作

 りだった。


 紀元前1100~300年  2つ穴と上部の穴が直交するような石錨が現れ、木製の爪だけでなくストックも現れ始め

 る(現在使用されているストックアンカーの原型)


 紀元前700~紀元後1300  木錨が登場。棒状に加工した石を木の本体で挟み、ロープで縛り付けたものと思われる。

 爪の先端に鉄などの金属を使用しているものもある。


 紀元前500~紀元後500  石だった部分が鉛などの金属に置き換えられた木錨が登場。


 6世紀~  鉄の錨が登場。


 20世紀  汽船の広まりと共に、様々な形の錨が開発され、現在の形状に至る。



2.碇の色々


①錨についての豆知識・トリビア  ・錨の重さ :小型船舶は数キロ。大型船舶は数トン~数十トン  ・錨の長さ :数百メートル。大きいものは東京タワー(333m)より長い  ・錨の回収 :チェーンと船体が擦れて火花が出るので、海水をかけながら回収する。

 ・錨の規則   錨と錨鎖は船の載貨重量と船種によって決まる「艤装数」に基づいて、各船備えるべき

  ものが規定されている。規定は日本では国土交通省の「船舶設備規程」と日本海事協会

  の「鋼船規則」がある。

②日本の錨メーカー  海上自衛隊や旧国鉄では錨の開発を行っていたが、国鉄の民営化などで開発中断されたものも多い。現在は、日本各所の商船学校・大学などで研究が行われており、中村技研工業や清本鐵工株式会社が錨の製造を行っている。


③他業界で引用される、『アンカー(錨)』という言葉  ・リレーやレースの最終競技者  ・サッカーの守備的ミッドフィルダー  ・ラジオ番組で、番組内容を最後に整理してまとめる人  ・登山で身体をつなぎ合った最後尾の者   etc..


3.錨の事故例

 錨はいわば極太・超重量(数~数十トン)の鉄のチェーンです。その為、操作を誤ると重大事故に発展しかねない。少し事故例を紹介します。


 ・錨を下ろす勢いがつき過ぎる ➡ 錨が切れて飛んでいく  ・走錨(錨が海底に引っかからず、船が停止しない) ➡ 船が岸壁に激突  ・航行中の錨投下や投下時の速度操作ミス ➡ 船から外れた錨が海底に落下  ・錨投下/引上げ時に人が巻き込まれることがある  ・製造時の不純物混入や、亀裂が入ることで錨が破損する事がある


まとめ

①錨とは 

 船を一定の場所に留める為のおもり。綱や鎖をつけて水底に落として使用する水具。


②錨の豆知識

 錨はその用途に応じて、重さやサイズ・形状が多様だが、総じて重厚長大。

 アンカー(錨)という概念は分かりやすく、その言葉が他業界でよく引用されている。


③錨の事故

 錨は重く大きいことと、動く船を留めるという使用方法から、重大事故に繋がるケースも

 ある。取扱いには注意が必要。


参照データ:(公財)日本海事広報協会(https://www.kaijipr.or.jp/

写真: https://www.photo-ac.com/ , https://stock.adobe.com/jp/




<船員の方>

①副業として、空き時間に経験や思いを記事にしてみませんか?

 記事作成経験等なくても全然大丈夫です。当社で編集・徹底サポート致します。

 伝えたい想いや体験、景色をお持ちの方は気軽にご連絡ください

 *謝礼(1,000-1,500円/記事)も出ます


②ご自身の知見・技術を動画にしてみませんか

 当社では船員の知見継承、育成をより効率化し、現場の方の負荷低減、スキルアップ環境

 の改善を目指して活動しております。育成体系の構築や知見伝承、スキルアップ方法の改

 善にご興味をお持ちの方是非お力をお貸しください。

 *こちらも謝礼お支払い致します(額は別途相談)

<海運会社の代表、人事の方>

 当社では人が集まる魅力的な海運業界づくりに注力しております。

 海運業界や会社様自体の認知度の向上や、船員としての経験がある方の陸上職としての

 採用、デジタル化を通じた人財育成(育成負荷/コスト削減、定着率増)にご興味があれ

 ば、気軽にご連絡ください


<船員に興味がある方>

 Webセミナーや記事リクエスト

 当社では記事作成やWebセミナーを通じて、(元・現役)船員の生活やキャリア形成方

 法を聞く機会を設けております。聞いてみたい話や、転職や将来的なキャリア設計に悩

 んでいる方は気軽にご相談ください全力でサポートさせて頂きます。

サービス

船員の方向け情報サイト

船員への転職をご希望の方向けサイト

船員職求人案件サイト Crewith!

リンク

Crewith!

特集一覧

船員業界への転職ガイド

船員職への転職・就職相談

​船員職から、他業界への転職をお考えの方

その他

ご利用条件

個人情報保護方針

所在地

サイトマップ

お問い合わせ

 -Tel: 092-600-4931

 -E-mail: info@itecmarin.com

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram