石油タンカー船員~仕事と寝不足~

こんにちはアニキ船長です!

私たちの生活に欠かせないガソリンやプラスチック製品。


石油資源の少ない日本でも、不自由なく車を運転したり、冬にストーブで温まれるのは、

石油資源を国内外で輸送する船のお陰なんだ


今回は、働く船シリーズ、「オイルタンカー」の特徴を解説し、

そこで働く現役船員に突撃インタビューだ!


それでは本日も出港。

それでは早速みていきましょう(⬇︎動画で見られる場合はコチラ)

<目次>

 ①石油タンカーとは

 ②石油タンカー船員にインタビュー(1人目)

 ③石油タンカー船員にインタビュー(2人目)

1.オイルタンカーとは


液体貨物を運ぶ船であるタンカーには化学薬品を運ぶケミカルタンカーや

セメントを運ぶセメントタンカーなど、色々な種類があるが、


中でも原油や石油製品を運ぶのがオイルタンカーだ。


外航船として中東などから原油を調達してくる原油タンカーは

東京タワーに匹敵するほど巨大で、


内航オイルタンカーは、ガソリンや灯油などの白油(はくゆ)と、

重油などの黒油(こくゆ)を運ぶ船に分けられるぞ。


石油燃料を運ぶ船だけに、その構造はかなり特殊だ。

===

・座礁などで、貨物が海に漏れるリスクを減らすために、タンクは二重構造

・貨物、可燃性ガスの大爆発を防ぐために、タンクに不活性ガスが送り込まれる仕組み

===


危険な貨物を船に積みあげすることから、

「シーバース」と呼ばれる沖合の施設で荷役が行われることが多いぞ。


2.石油タンカー船員にインタビュー(1人目)


アニキ船長「それでは、現役機関長に突撃インタビューだ!」

     「オイルタンカーで働くようになったキッカケを教えてください。」


船員Aさん「元々貨物船に乗船予定だったのですが、その船が売船されることとなり

      オイルタンカー船に乗ることとなりました。」



アニキ船長「仕事の魅力やりがいはありますか?」


船員Aさん「危険手当などもあり、給料が高いことは魅力ですね。」

     「原油の輸送は社会を支える重要な役割を担っています。

      やりがいの大きい仕事ですよ。



アニキ船長「タンカー船員に向いている人はどのような人ですか?」


船員Aさん「危険な貨物を運ぶため、安全管理が非常に大切です。」

      細かい箇所に気を配りながら、仕事が出来る人が向いていると思います。」


     「一方で、細かな性格が裏目に出で、船内生活で他の船員と衝突することも。」

     「お互いを尊重して、より良い船内環境を作ろうとする意識が大切ですね。」



アニキ船長「他にタンカー船での仕事の特色はありますか?」


船員Aさん「危険物を乗せた船なので、書類関係の雑務にかなり時間をとられますね

      入港管理なども、他の貨物より厳しくチェックされるケースが多いですよ。」


3.石油タンカー船員にインタビュー(2人目)


アニキ船長「続いては、20年以上、様々な船で働いてきた大ベテランだ。」

     「なぜタンカーで働こうと思ったのですか?」


船員Bさん「元々、マグロ漁船に乗っていたのですが、

      タンカー船員の求人が目にとまり、応募したのがキッカケですね。」


アニキ船長「仕事のサイクルを教えてください。」


船員Bさん「問題が発生しなければ、3ヶ月勤務、1ヶ月休暇というサイクルですね。」



アニキ船長「様々な船で働かれて感じる、船乗りの長所短所を教えてください。」


船員Bさん「海上という特殊な環境で働くため、忍耐力が身に付きます。

      しかし、睡眠時間が少ないのは短所です。」

     「休暇に入って、睡眠が取れることに幸せを感じます。」



アニキ船長「他の船とは違う、オイルタンカー特有の職場環境や仕事内容はありますか。」


船員Bさん主機関を使ったカーゴポンプで荷役は、タンカー特有の仕事です。」

     「輸送しているのは液体なので、船に専用のポンプが搭載されており、

      陸と船のパイプラインを繋ぎ、荷役を行います。」


アニキ船長「インタビューは以上です。本日はありがとうございました。」


<船員の方>


①副業として、空き時間に経験や思いを記事にしてみませんか?


記事作成経験等なくても全然大丈夫です。当社で編集・徹底サポート致します。


伝えたい想いや体験、景色をお持ちの方は気軽にご連絡ください


*謝礼(1,000-1,500円/記事)も出ます




<海運会社の代表、人事の方>


当社では人が集まる魅力的な海運業界づくりに注力しております。


海運業界や会社様自体の認知度の向上や、船員としての経験がある方の


陸上職としての採用、デジタル化を通じた人財育成(育成負荷/コスト削減、定着率増)


にご興味があれば、気軽にご連絡ください




<船員に興味がある方>


Webセミナーや記事リクエスト


当社では記事作成やWebセミナーを通じて、(元・現役)船員の生活やキャリア形成方


法を聞く機会を設けております。聞いてみたい話や、転職や将来的なキャリア設計に悩


んでいる方気軽にご連絡ください

28回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示