• ITecMarin

どうなる!? 海運のロボット化

最終更新: 7月5日

海運業界における、ロボットの活用事例・将来予想をご紹介します。

【目次】

 ①ロボットとその活用例

 ②海運✕ロボットの活用例・企業紹介

 ③今後のロボット活用の流れ



1.ロボットとその活用例

 医療現場や物流など、様々な分野で導入が進んでいるロボット。その市場や活用例を見て

 みましょう。


 ①ロボット産業規模

  世界のロボット産業規模は既に10兆円を越えており、AIやビックデータの進展により、

  現在20兆円に迫る勢いで成長しています。

  ロボティクス関連事業に投資を行うファンド(グローバル・ロボティクス株式ファンド

  など)の動きを追うことで、産業の現状と今後について洞察を深めることが出来るかも

  しれません。

  

 ②ロボットの活用事例

  ・家事 :ルンバなどの掃除ロボットや調理ロボット。

  ・受付 :ペッパーなどの受付・案内ロボット。

  ・物流 :倉庫内での仕分け・集荷を行うロボット。荷物の配達を行うドローン。

  ・製造 :食品や衣服など、様々な製造業分野でロボットが活用されています。

  ・医療 :ダーヴィンなどの手術支援ロボ。

  ・介護 :介護アシストスーツや、移動・排泄支援ロボット。

  ・軍事 :軍事ドローンや、戦闘用スーツ。アイアンマンの世界ですね。

  ・農業 :栽培・施肥・選果/選別などを行うロボット。

  ・建築 :建材の輸送・組み立てロボット。


2.海運✕ロボットの活用例・企業紹介

 実際に海運業界にどのように活用されているのか、例を挙げて見てみましょう。

 ・船体検査

  水中ドローンを用いた船体検査、タンク内検査ロボット(J-Stage、関戸)


 ・船体クリーニング

  船体の水中部分に付着した生物を取り除くロボ(Maxon、ハルボット)


 ・荷役

  コンテナ積み下ろしロボット、ローディングアーム(MUJIN)


 ・造船

  鋼材の切断や溶接を行うロボット、自動塗装ロボット (中田・マックコーポレーション)

  

  意外と海運業界におけるロボット導入はまだ本格化しておらず、これからロボットによ

  る自動化・業務代行が進んでいく印象です。



3.今後のロボット活用の流れ

 今後の予測と業務への影響可能性を見てみましょう。

 ・造船  :造船ロボットの増加、普及による、造船プロセスの自動化推進

 ・航行  :入江などの航行案内システムロボの普及

 ・船体管理:IoTと連携した船体状態のリアルタイムモニタリング、修繕ロボットの導入

 ・荷役  :危険品である化学品・高温貨物の自動荷役ロボットの導入

 ・船員  :船内作業用ロボットスーツ、遠隔操作ロボの導入

 ・物資供給:自動輸送ロボ、飛行ドローンの活用推進   

 ・品質検査:サンプルを入れるだけで必要な検査を実施する品質検査ロボの普及

 ・解撤  :危険な解撤作業のロボット化

 ・漁業  :ロボットを用いた、昆布や魚介類の捕獲、保存、仕分け


まとめ・結論

①海運✕ロボットの現状

 船体検査や、標準化されたコンテナのような貨物の積み下ろしにロボットが活用されてい

 おりますが、海運業全体で見るとまだまだロボットの普及は途上段階です。これから目

 的、シーン別にロボットが製造されることが期待されます。


②海運✕ロボットの活用

 大手海運会社は、ロボット船の研究・開発に力を入れていますが、その他の荷役や着桟業

 務のロボット化を進めている企業は稀なようです。


③今後のロボット活用の流れ

 今後数十年の内に、船舶の自動航行が一般化する可能性がある中、海運にまつわる危険・

 負荷が高い仕事をロボットが行う・自動化する可能性があります。船内では、ロボット・

 システムの制御・補修などの技能が求められるようになるかもしれません。


写真: https://www.photo-ac.com/




<船員の方>

①副業として、空き時間に経験や思いを記事にしてみませんか?

 記事作成経験等なくても全然大丈夫です。当社で編集・徹底サポート致します。

 伝えたい想いや体験、景色をお持ちの方は気軽にご連絡ください

 *謝礼(1,000-1,500円/記事)も出ます

②ご自身の知見・技術を動画にしてみませんか

 当社では船員の知見継承、育成をより効率化し、現場の方の負荷低減、スキルアップ環境

 の改善を目指して活動しております。育成体系の構築や知見伝承、スキルアップ方法の改

 善にご興味をお持ちの方是非お力をお貸しください。

 *こちらも謝礼お支払い致します(額は別途相談)

<海運会社の代表、人事の方>

 当社では人が集まる魅力的な海運業界づくりに注力しております。

 海運業界や会社様自体の認知度の向上や、船員としての経験がある方の陸上職としての

 採用、デジタル化を通じた人財育成(育成負荷/コスト削減、定着率増)にご興味があれ

 ば、気軽にご連絡ください

<船員に興味がある方>

 Webセミナーや記事リクエスト

 当社では記事作成やWebセミナーを通じて、(元・現役)船員の生活やキャリア形成方

 法を聞く機会を設けております。聞いてみたい話や、転職や将来的なキャリア設計に悩

 んでいる方は気軽にご相談ください全力でサポートさせて頂きます。

43回の閲覧

サービス

船員の方向け情報サイト

船員への転職をご希望の方向けサイト

船員職求人案件サイト Crewith!

リンク

Crewith!

特集一覧

船員業界への転職ガイド

船員職への転職・就職相談

​船員職から、他業界への転職をお考えの方

その他

ご利用条件

個人情報保護方針

所在地

サイトマップ

お問い合わせ

 -Tel: 092-600-4931

 -E-mail: info@itecmarin.com

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Instagram