【海で農業!?】世界最先端の港2選

はじめに


こんにちは、アニキ船長です。


今回は海の玄関口「港」をテーマに、

そこで働く船乗りや世界最新鋭の港について紹介しよう。


島国日本は港だらけ。

漁港を合わせるとおよそ3,000近くの港があり、貨物輸送や漁業の拠点となっているぞ。


これだけの港があると、大型船を止めることができる港や、

波が荒れやすい港など千差万別。


全体的に老朽化や、労働力不足が課題になっている。


一方でIoTやブロックチェーンの活用など、

世界の主要港で熾烈なIT化レースが巻き起こっている。


そこで今回は、港の役割や、そこで働く船乗りの仕事に注目しながら、

最新鋭の港について見ていこう。

(⬇︎動画で見られる場合はコチラ)

<目次>

 ①港と船乗り

 ②世界最新の港

 ③未来の港

1.港と船乗り


最初に港の役割を説明しよう。

港は一言で言うと、海と陸が切り替わる転換点。


船乗りや乗客の乗り降り、海と陸の間での貨物の積み替えや、

保管などの様々な役割を担っているぞ。


港の周辺でトラックが多く走っているのは、その証拠だな。 


港を囲む防波堤は、湾内の波を抑え、船が揺れるのを防ぐ役割がある。


貨物の積み替え方法は、種類によって様々だが、

一番目につきやすいのは、巨大なクレーンだろう。


これはガントリークレーンと言って、コンテナの荷役で活躍している。

港には、貨物や商品の保管機能もある。


原油などをためておくタンクや、貨物を保管する倉庫、

場所によっては、宿泊施設や観光施設もあるんだ。

次は港で働く船乗りについて見ていこう。


まずは水先人だ。

水先人はその港のプロで、波や水深を考慮しながら、

船が安全に離着岸できるように、船をガイドしているぞ。


続いてはタグボートの乗組員だ。

限られたスペースしかない港において、小回りの効かない大型船は、

湾内移動が制限される。


そこで活躍するのがタグボートだ。


タクボートは小さな船だが、ロープを引いたり、

船を船体で押すことで、大型船の離着岸を補助しているぞ。


艀(はしけ)も港で活躍している。


艀は水深の浅い湾内でも貨物を輸送できるため、

港から、同じ湾内の他の場所に貨物を運ぶ事が出来るぞ。


これらの職業は、下記の動画で解説しているため、

詳しい情報を知りたい方はそちらを参考にしてみてくれ。


水先人   :https://youtu.be/dVr0C24Cw2U

タグボート :https://youtu.be/Nycqbs7uCMU

はしけ   :https://youtu.be/pfw8y9Sbnj8

2.世界最新の港


続いては世界の最先端の港を見てみよう!

港は、立ち寄る船の数が多いほど、収益も大きくなる。


いわゆる港の利用料だ。

車でいうところの高速道路の利用料と考えてくれ。


そのため、世界の主要港では、作業の効率化・人件費削減は勿論のこと、

より多くの船に立ち寄ってもらうために、自動化・IT化を着々と進めている。


特に、コンテナの荷役は自動化が進めやすく、世界のコンテナ取扱量、

上位20の港のうち、75%が自動化を導入してる


今回はIT化が進んでいる世界の有名な港をいくつか紹介するぞ。


まずはヨーロッパ最大の港で、欧州全域の海の玄関口であるオランダのロッテルダム港だ。

IoTを活用した、潮流や天候・風速のデータを元に、港の状況を把握することで、

港湾運営を効率化している。


さらに、ブロックチェーンを使うことで、港湾業務のデジタル管理を実現している。


続いては、青島(チンタオ)ビールで知られる、世界で7番目に大きい青島港だ。

この港の特徴は、コンテナの取扱いが全自動である点だ。


岸壁クレーンの1時間あたりのコンテナ処理スピードは約40個、

世界の自動クレーンの処理速度の約1.3倍。


同規模の港より管理や運営コストが約70%少ないため、

荷役の業務負荷が低く、生産性が高いぞ。

3.未来の港


最後に未来の港についてみていこう。


ブロックチェーンやIotを活用した港湾管理により

今後、荷役や港の運営はさらにスムーズになっていくだろう。


意外かも知れないが、海上での農業や酪農にも注目が集まっている。

オランダでは、水上で乳牛を飼い、新鮮な乳製品を港から都市に届けている。


太陽光を電力源とし、排泄物を肥料にする環境に優しい構造になっているぞ。


さらに、排気ガス削減の観点から、電気推進船の増加が見込まれており、

港に充電設備をつけるなどの対応も増えていくだろう。

まとめ


港の自動化や効率化が進むと、それだけ荷役や人の移動がスムーズになり、

海上物流が洗練されていく。


老朽化への対応、IT化の推進、農業などの港の新しい機能の追加により、

港は今後大きな転換期を迎える事となるだろう。


未来の海の玄関口がどのように進化していくか、これからの港の発展が楽しみだな。

<船員の方>


①副業として、空き時間に経験や思いを記事にしてみませんか?


記事作成経験等なくても全然大丈夫です。当社で編集・徹底サポート致します。


伝えたい想いや体験、景色をお持ちの方は気軽にご連絡ください


*謝礼(1,000-1,500円/記事)も出ます


<海運会社の代表、人事の方>


当社では人が集まる魅力的な海運業界づくりに注力しております。


海運業界や会社様自体の認知度の向上や、船員としての経験がある方の


陸上職としての採用、デジタル化を通じた人財育成(育成負荷/コスト削減、定着率増)


にご興味があれば、気軽にご連絡ください




<船員に興味がある方>


Webセミナーや記事リクエスト


当社では記事作成やWebセミナーを通じて、(元・現役)船員の生活やキャリア形成方


法を聞く機会を設けております。聞いてみたい話や、転職や将来的なキャリア設計に悩


んでいる方気軽にご連絡ください

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示